s_DSC43994.jpg

​研究テーマ Research

太陽電池セルの拡散容量を利用した部分影補償器に関する研究

Differential Power Processing Converter Utilizing Diffusion Capacitance of Photovoltaic Cells

​発表 Presentation

  • K. Honda, A. Keito, and M. Uno, "Electrical diagnosis technique using differential power processing converters for photovoltaic panels," in Proc. 46th Annual Conf. IEEE Ind. Electron. Society (IECON), Oct. 2020.

  • 本田和磨,鵜野将年、"PHEV用湾曲太陽電池パネルの拡散容量を利用した補償器の効率向上に関する検討"、電気学会全国大会, 2020年3月

  • 本田和磨、相川慧人、鵜野将年、"太陽電池モジュールの拡散容量を利用したスイッチトキャパシタ式部分影補償器の開発"、電気学会東京支部茨城支所研究発表会、IBK-19-099, pp. 124, 2019年12月(優秀発表賞

  • 本田和磨、佐藤颯人、鵜野将年、"太陽電池パネル用部分影補償器とその電気的診断技術"、電気学会産業応用部門大会、Y-55、2019年8月

  • 本田和磨、齋藤陽太、鵜野将年、"部分影補償器を用いた太陽電池パネル用電気的診断技術の実機検証"、電子通信エネルギー技術研究会、pp. 95-100、2019年5月

  • 本田和磨、齋藤陽太、鵜野将年、"部分影補償器を用いた太陽電池パネル用電気的診断技術の開発"、電気学会東京支部茨城支所研究発表会、IBK-18-073, pp. 93, 2018年11月

  • 部分影補償器による太陽電池パネルの発電量向上と電気的診断技術の開発、電気学会東京支部学生研究発表会、2018年8月

​受賞 Award

  • 茨城大学工学系表彰(2020年3月)

  • 茨城大学学生表彰(2020年2月)

  • 第27回電気学会東京支部 茨城支所研究発表会 優秀発表賞(2019年12月)(受賞記事

本田和磨

Kazuma Honda

1/5